迷惑メールとは?

 迷惑メールとは、受信者の意思を問わず無断で送りつけられてくるメールの総称です。
迷惑メールには、広告・宣伝目的のものや架空請求メール、ウイルスが添付されたメールなど様々な種類があります。
迷惑メールが届いてしまう原因は様々ですが、原因に合わせた対策を行う事で被害を軽減することができます。

迷惑メールの原因と対策?

 迷惑メールは、よくありがちなメールアドレス宛に送信されているケースがあるようです。
コンピュータや会員サイトのパスワードは、他人に推測されにくいものを設定するようにとの呼びかけが広まっていますが、 メールアドレスも他人に推測されにくいものにすることが望ましいです。前にも述べた通り、迷惑メールはよくありがちな メールアドレス宛に送信されることがあります。そこで、推測されやすい・よくありがちなメールアドレスにしてしまいますと、 迷惑メール送信者が指定したメールアドレスが偶然にもヒットしてしまい、迷惑メールが届いてしまうことがあります。
メールアドレスは、他人から推測されにくいものにしてください!

迷惑メールの原因と対策?

 個人情報(メールアドレス)の漏えいも迷惑メール受信の主な原因となっているようです。
Webページ上で、個人情報の入力を求められてもうかつに応じてはいけません。 本当に個人情報を入力する必要があるのかどうか、そのWebページを運営している会社・団体名は実在しているかどうか、 嘘の企業名や公的機関名を名乗っていないかどうか、SSLが導入されているかどうかを確認することが大切です。
SSLとは、Webページのフォームに入力した情報がサーバーに送信される過程で第三者による盗み見を防止するための 仕組みです。WebページのURLが 「https://」で始まるものは、SSLが導入されている証拠です。

迷惑メールの原因と対策?

 迷惑メールを開いたり、迷惑メールに返信したりすることで更に迷惑メールを受信してしまうことがあります。
迷惑メールは開かずにそのまま削除するのが基本です。中には、ウイルスが含まれているケースもあり、絶対に 迷惑メール(身に覚えのないメール)を開いたり返信したりしてはいけません。 身に覚えのないメールは開かない!・返信しない!